×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

イオンカード 限度額

イオンカードの限度額は初回だと低めの設定が一般的

クレジットカードの限度額(ショッピング枠)は、最初の段階は30〜40万円程度に設定されるのが一般的。
利用状況に合わせて10万円単位もしくは5万円単位で増額されているのが通常の流れです。

 

ただ、これまでほかのクレジットカードを長く利用していて、利用金額が十分に大きくて支払いの延滞なども起こしていなければ、いきなり50万円以上の高額設定でカードを作れる可能性があります。クレジットヒストリー(クレヒス)と呼ばれるカード利用履歴と言うのが、カード会社があなたの信用力を判断する基準になるため、クレヒスをコツコツ蓄積することがクレジットカードの限度額を上げる最大のポイントになります。

 

ETCがあるとショッピング枠は狭くなるので注意!

 

ちなみに、同じカードの契約でETCカードを作っている場合。ETCで使った高速料金もショッピング枠に対して加算されていきます。つまり、自分ではまだ余裕があったように思っても、ETC利用分によってショッピング枠が埋まってしまい、カード決済できなくなることがあります。

 

キャッシング・リボ払いを使うのはダメ!

 

ショッピング枠を使い果たしたからと言って、キャッシングやリボ払いを利用するのはNG
キャッシングもリボ払いも、金利はサラ金と同じレベルのぼったくりです。しかも日割りで金利手数料が計算されてしまうので、1日経過するごとに数十円〜数百円と手数料が積み重なっていき、返済地獄に陥る危険が迫ります。

 

最近の債務超過者にありがちなのは、リボ払いを多用してしまった結果、自分が今、総額でいくら借りているのかわからなくなってしまうケースです。

 

 

ショッピング枠の限度額を上げる方法

交渉してみる

カードの裏面にはカード発行会社のサポートデスクの連絡先が載っています。そこの番号に電話をしてみて限度額を上げてもらえないかどうか?交渉してみる価値はあります。ただし、クレジットヒストリーが整っていることが条件です。カードをたいして使っていなかったり、支払日に延滞事故を起こしている場合などは、まず確実に断られると思ってください。

 

使いきった分を前払いしてしまう

使い切ったショッピング枠の全額、もしくは一部を支払日よりも前に返済してしまうことで、その月に使えるショッピング枠をリセットすることができます。カード会社へ連絡して、前払いをしたい旨を伝えると、どこの口座に入金をすればよいのか?を教えてくれるはずです。カード会社が入金を確認するまでに数日かかることもあるので、入金したらすぐにショッピング枠がリセットされるわけじゃない点に注意しましょう。

 

カードのランクを上げる

 

年会費無料のカードよりは1000円でも年会費がかかるカードの方が限度額が高くなる傾向があります。
さらに一般カードよりもゴールドカードといった上位ランクのカードに代えると限度額を上げやすくなります。

 

クレカを2枚作っても限度額は変わらない?

限度額を上げる方法として他にも、クレジットカードの枚数を増やせばよいんじゃないか?2枚にすれば限度額が合算されるんじゃないか?と思われがちですが、実際にはそう簡単には行きません。

 

カードを複数枚持っていたとしても、限度額が最も高いカードの金額しか借りれないことがあります。Aカードで30万円、Bカードで40万円のショッピング枠があったとしても、合算した70万円が限度額にならないケースがあるわけです。Aカードで30万円使ったら、Bカードでは残り10万円しか使えません。逆にBカードで30万円以上を使ってしまったらAカードは一切使えなくなります。

 

限度額がなぜ合算されないのか?と言うと、同じカード発行会社・同じ国際ブランド(visa、master、JCBなど)でカードを作ってしまった場合です。
少なくともカードの発行会社を別にする必要があります。より確実に限度額を合算できるようになるならば、
カード発行会社・国際ブランド共に既存のカードとは別のカードを作ればよいわけです。

 

例えば、visaのイオンカードを持っているのであれば、

 

・JCBのリクルートカード

・masterの楽天カード

・ジャックスの横浜インビテーションカード

 

などを作ればよいわけです。

2枚目で持つなら年会費無料のこのカードがおすすめ!

ショッピング枠の限度額を上げることが主な目的でカードを2枚持つのであれば、やはり年会費無料のカードを選びたいところ。
では、星の数ほどある年会費無料カードの中で、どこのカードを持てばよいのか?と言うと、このブログでお勧めするのは次の2つ。

 

1.お得なポイント還元率なら楽天カード
2.付帯サービスなら横浜インビテーションカード

 

お得なポイント還元率なら楽天カード

 

高いポイント還元率を期待するなら楽天カードが良いです。
楽天カードなら、楽天市場内の決済ならばスーパーポイントが2%還元、毎月2回開催される優待キャンペーンでもポイント還元率が最大10%もアップします。
さらに通常のカードだとポイントには有効期限があるのに対して、楽天ポイントは期限無制限なのもおすすめのポイントです。

 

利用限度額も最大100万円と設定金額が高く、家族カードも無料で作れます。

 



 

お得なポイント還元率が魅力の楽天カードの入会キャンペーンがこちら→→

 

2.付帯サービスなら横浜インビテーションカード

 

通常ならば年会費5000円以上のクレジットカードについてくるような付帯保険を年会費無料でついています
例えば、海外旅行保険は死亡保障が最高2000万円。利用頻度の高い傷害・疾病治療費用も最高200万円なので十分すぎるほどの設定金額です。
さらに保険の利用条件が「自動付帯」となっていて、カードを持って海外旅行に行くだけで保険が使えてしまうという至れり尽くせりです。

 

ショッピング保険も最高100万円まで面倒見てくれます。
カードを使って購入した日から90日以内に商品に瑕疵が確認できた場合、自己負担額1万円で修理代などを保障してくれます。

 

※付帯保険は二重取りが可能

 

クレジットカードの旅行保険では、基本的に死亡・後遺傷害以外の保障は二重取りができます
どういうことかというと、AとBという2枚のカードを持っていて、両方ともに、傷害・疾病治療費用が設定されていた場合。

 

海外で怪我や病気をした時にかかった費用をAとBの両方に請求できます
怪我も病気も進んでやりたいものではないけれど、結果的に治療費をまるまる得することができます。

 

付帯サービスが充実している横浜インビテーションカードの入会キャンペーンがこちら→→